オリンパス、イスラエル医療機器会社Medi-Tate社の買収に向けたコールオプション行使
~泌尿器事業における製品ポートフォリオを強化~

2021年2月26日

オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼CEO:竹内康雄、以下オリンパス)は、2018年11月の両社の合意契約に基づき、医療機器メーカーMedi-Tate社(メディテイト、本社:イスラエル ハデラ、以下Medi-Tate社)のすべての発行済株式(ただし当社が保有済みの株式を除く)取得のための交渉を開始することを決定しました。合計の取得価額は約260百万ドル※1を予定しています。オリンパスは、今後Medi-Tate社の持つ良性前立腺肥大症(以下BPH)向けの低侵襲治療デバイスを製品ポートフォリオに加えることで、多様化する前立腺疾患の低侵襲治療の普及に貢献していきます。
※1 取得価額は、出資額、株式の取得価額、条件付対価を含む。

ニュースリリースの詳細はこちらPDFファイルへのリンクです

本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産?販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。

久久香蕉国产线看观看精品